飽くなき探求心

輝きを放っていきいきと働くセリオの社員、
今回は、“数学をこよなく愛し、その深さは社内で右に出る者のいない!
そんな入社10年目の社員、佐藤さんのご紹介です。

 社員コラム_飽くなき探求心1

佐藤さんの”数学愛”について遡ると、そもそも小学校入学間もないころへ。
算数が好きだった佐藤さん。算数から数学へと進み、数式や曲線に“美しさ”を感じます。
その「理論」と「感性」という、相反するものたちの魅力にとらわれ、探求心を強くしていったんだそうです。
大学ではもちろん数学科に進み、その執着のまま修士まで続けた“方程式の性質”に関する研究。数字や記号を扱うものでありながら、その性質(動き)を研究しているとそれらがまるで“生き物”のように感じられるんだとか。

セリオへは、数学の知識が有用である「CAD」の開発に携わることを希望し、入社に至りました。
そして、岡山、名古屋で少し過ごしたあと、東京での仕事に移り、CAD/CAMソリューション技術を核とする日本ユニシス・エクセリューションズ株式会社(UEL)様のメカニカルシステム開発本部コアシステム技術部形状技術グループで業務に携わり、今では6年が経ちます。
佐藤さんが開発する「CAD(computer-aided design)」とは、「ものの形」をコンピューター内に数値モデルとして作成するための支援ツールを意味しますが、数学、物理の専門知識とは隣り合わせです。多くのフェーズが存在する現在の開発プロジェクトの中でも、佐藤さんは一番根底の計算部分の開発を担当しており、数学と深くつながる至福の時間でもあります。
必要な“幾何学”の知識は、この業務をはじめてから独学で深めてきました。
優秀なエンジニアの方が多く在席するそのチームで受ける高い刺激を、素直に正面から受けることで、技術者として、そして一人の人間として大きく成長してきたことが伺えます。
この職場そのものが佐藤さんにとっての幸福そのものなのです。

 

さて、みなさんの趣味はなんですか?

業務と向き合う時間以外でも、一時間の通勤時間も含めていつも数学のことを考えている佐藤さん。物理も好きで、それらに思いをはせる時間は、スポーツや映画鑑賞などにいそしむ周囲の人と何ら変わらず、計算に没頭し、法則をみつけようと思いを巡らすことで、充実以上の喜びを感じるそうです。

そして、想いを同じくする方と波長が合い、ひかれあうのは自然なこと
同じ職場で働き、数学への想いを同じくするUELの清水様との出逢いが、佐藤さんを大きく変え、もっともっと数学の世界へとのめり込ませ、研究という形になるにまで至らせます。

 

社員コラム_飽くなき探求心2

 

業務以外でも数学の理論や方程式について語り合う日常の中で、清水様が偶然発見された仮説を聞かせてもらい、面白いと思ったことをきっかけに、プライベートでの研究が始まりました。
「工業製品の意匠的な曲線・曲面形状作成技術に関する理論的な研究」
つまり、“美しい”とされる曲線・曲面を、偶然ではなく数学の理論をもってシステマティックに生み出すことのできる技術。これについて、2014年度から清水様とともに考察を進めています。

社員コラム_飽くなき探求心4そして、その研究が企業・産業活動において実用的なものであることが認められ、清水様が代表者を務めた2015年度 九州大学 IMI(マス・フォア・インダストリ研究所)の共同利用研究プログラムに参加し、2015年10月、2016年1月のそれぞれ1週間ずつ、IMIで研究に携わりました!
IMIとは、「数学、数理科学」の分野において、共同研究、人材輩出、支援など様々な事業を行っている研究所です。高度テクノロジーのほぼすべてにおける礎石である「数学、数理科学」。多くの科学技術分野において現在、その研究人材はかつてないほど必要とされており、国際的なその需要に応える、アジア初の産業数学の研究所として設立されました。
IMIの理念のひとつ、“産業の困難や問題を、数学の力で解決する”
これに、清水様と研究している内容やその目的が合致したのです。

佐藤さんは現在まで、自動車の設計に使われるCADを開発してきましたが、車体の曲線や曲面を美しく描けるかどうかは、一般ユーザーを魅了するデザイン性をもつ車をつくることができるかに、大きく影響します。そうして、一見関係のないように見える数学の研究と、今取り組んでいる業務とが、少しずつつながってくるかもしれないのです。

 

一緒に研究に取り組む清水様は、東京大学で客員教授のご経験もあるほどの方で、60歳を過ぎても現役のエンジニアとしてご活躍です。立場も、年齢も全く違う二人が研究を進める中で、時には衝突することもあるんだとか。二人とも、本気だからゆえの光景が、目に浮かぶようです。
そこまでに辿り着くと、周りからも一目置かれ、パートナーとして認めてもらえる部分が生まれ、お互いに刺激し合える関係になっていけるのでしょう。
そこには、所属、年齢、学歴のようなものを一切壁としない空間と尊厳が生まれるのかもしれません

いち企業人としても、ひとりの人間としても、人との出逢いがもたらす影響には計り知れないものがあります。
それらを逃さずチャンスに変えるだけでなく、自らが引き寄せるに至るには、その人がもつもの- 目に見える物質、また知識や経験も去ることながら、“こう働こう”、“こう生きよう”という、佇まいにあるのではないかと思わされます。それほどまでに、佐藤さんの謙虚でまっすぐな熱を、接するわたしたちは感じずにはいられません。

社員コラム_飽くなき探求心3研究以外でも、常に勉強はしています
と、嬉しそうに笑顔で語る佐藤さん。
「勉強」という言葉から連想されがちな“忍耐”や“苦労”とは無縁の、知的好奇心を追い求め続ける佐藤さんのキラキラは、本当にまっすぐで、これまでに重ねてきた深みを感じました。
佐藤さんにも苦手なことだっていくつかあるでしょうが、それらとは比にならない強みの徹底追及は、社内でも群を抜いているひとりでしょう。

「勉強することは武器。そして誰にでも許されている権利です。」
と、芯から穏やかに話してくれる佐藤さん。

誰に止められることもなく好きなだけ時間を費やし
知的好奇心を満たしても満たしてもまた欲し
それによってたくさんのことが“わかる、できるようになる”喜びと
得ていく自信たち

それこそが、「セリオで求める人財のひとつの姿」だと言えます。

 

社員コラム_飽くなき探求心5数学という、新しい理論、方程式をみつけていくこと。
アカデミックで、一見仕事に結びつかず、利益をもたらさないように見えるかもしれないこれらに時間を費やすことを、またそれらを応援することを、会社も惜しんだりはしません。
知識への欲求をあと押しし、そこで身につく知識や経験を評価し、ひとつの点(ドッド)がいつか本人の成長(点をつなぐ線)へとつながる未来を感じることが、会社にできる唯一のことかもしれません。

さて、研究自身は、今年-2016年9月に開催される、精密工学会秋季大会に講演をエントリーしたり、JSIAM(一般社団法人 日本応用数理学会)のJsiam Letters誌に論文が採択されているなど、精力的に活動を続け、留まることを知りません。
http://jsiaml.jsiam.org/jsiaml_Announcement-ja.html
上記URL「掲載予定論文」Generalization of log-aesthetic curves by Hamiltonian formalism: Masayuki Sato and Yasuhiro Shimizu

「二年ほどかけてようやく実際の業務(CAD)につながってきたところ。」
まだまだこれからが面白いところなようです。

そして、今年度の秋にも、IMIで開催される関連テーマの短期共同研究に参加させていただけるそうです!
今年度は、近しい研究に携わる7~8名が集まり、より高度な研究に取り組みます。
そんな佐藤さんは、実は集まるメンバーのうち最年少なんです!
指導を受けたい先生や、刺激を受け合える同志たちと、一日中大好きな数学のことを考えていられる、今からすでにとてもワクワクして止まらない様子です、笑。

「このような経験が積めていることは、運がいいに尽きます。
ただ、運を得るためには努力が必要ですね。」

この謙虚な中にひっそりと灯る灯火は、きっと消えることなく佐藤さんをキラキラへと導き、それがセリオにとっても、みんなの道しるべとして、煌々と輝き続けてくれるんだと思います。

 

文字や記号といった無機質が愛おしく、曲線や曲面が美しい。
一般的には感じにくいこの感覚を大切にする。
そんな、彼にしか見えないワクワクの世界。

社員コラム_飽くなき探求心6

「自分で考えたものが現実世界の役に立つ。
そう思うと楽しくてたまらないし、やりがいがあるんです。」

佐藤さんのますますのキラキラに、これからも期待は膨らむばかりです。

 

 

あなたと働けるなら。

輝きを放っていきいきと働くセリオの社員、
今回は、仕事も家事も育児も、どれも笑顔でパワフルにこなしている、SS本部の松浦さんのご紹介です。

 shine_matsuura_1

松浦さんは、一昨年2月12日にかわいい女の子を出産しました!

育児中も、お子さんと笑顔で向き合って、色々なことに興味を持ちながら、楽しく子育てをしていたのが印象的ですが、さすが松浦さんのお子さん!というだけあって、ニコニコ笑顔が印象的。すてきな親子です。 でも、笑顔でばっかりもいられないのが子育て。きっと苦労もしていることでしょう。 そんな、育児もまだまだ奮闘中のさなか、昨年の5月12日に、めでたく復帰を果たしてくれました! 育休前は、単身でお客様のところに入って、CADの運用保守をしていた松浦さん。 産休・育休とお休みすることになった1年と3ヶ月。 お客様のところを空けるときも、なかなか思うように後進が育たず、もちろん復帰するタイミングでそのまま業務が残っているわけもなく、復帰する前は自分が働ける場所があるのかどうか不安だった、とのこと。

shine_matsuura_4

「子育てをしながら働く」ということは、思い描くだけなら簡単かもしれませんが、現実にはとても思い描ききれない、色々なことが起こるもの。 “子供がいる”ということは、自分がどれだけ頑張っても思うようにならない場面があるということで、そのもどかしさもきっと抱えながら、となることでしょう。 そして環境面でも、保育所が充実したとは言え、通勤時間などを考えると、人と同じだけの時間を確保して働くには、子供の成長を待つしかない場合もあります。 もちろん、復帰するときには、1年近くというブランクも。 それでも、休む前にいきいきと働いていたときの充実感が、前向きに復帰へと向かって行く原動力となってくれたのではと思います。

 

さて、そんな松浦さんは、H16年4月に入社後、半年間の岡山本社での開発経験のあと、大阪で住宅メーカーの運用保守を経験し、幅広い知識を習得。 それから7年半ものあいだ、名古屋で軽量化CAD(XVL)の運用保守を経験してきました。 名古屋では厳しい環境下で、業務経験はもちろん、自発的に行動する姿勢など、お客様から必要とされる人物像を確立しました。 そうやってお客様の信頼を得てきた中で、産休に入るときは随分惜しまれたでしょう?という問いには、「で、また戻ってくるんでしょ?」と言われたかな・・といった謙虚な返しでしたが、やはり戻ってきて欲しい、必要な存在になっていたんですね。

shine_matsuura_2そうして1年ほどのお休みを経て、復帰先を考える頃。 やはり、時短での勤務がいくらかしらのネックになることは、避けられませんでした。 同じスキルであれば、6時間だけという技術者よりも、8時間働けます!という方が好ましいかもしれません。 松浦さんのスキルを魅力に感じて検討を進めてもらえるものの、採用が決まらない案件もなくはなかったですが、やはり“信頼”や“魅力”って、そんな簡単なものではなかったんだなと思わせてくれる局面が訪れます。 松浦さんが以前XVLサポートをしていたときにお世話になった先のGMへ、松浦さんの復帰をアピールしたところ、ちょうどサポートセンターに欠員が発生したこともあり、投入が決まったのでした! 縁やタイミング、といったこともあるのかもしれませんが、松浦さんが長年かけて築き上げてきた、技術と人間性の上に成り立つ“信頼”と、「あなたと働きたい」と思ってもらえる、当社が目指す【Hi-WTP】そのものでした。 “6時間でもいい、育児も頑張って欲しい” そんなふうに松浦さんを理解したうえで、あなたと働きたい」と言ってもらえる。 お客様とつながる、セリオの人財そのものです。

現在では、以前お世話になっていたそのお客様先で、SNSサイトの運用保守に携わり、問い合わせの対応や、アクセス状況の解析、ユーザー管理などを行い半年近くになります。 これまで関わることがほとんどなかった、車やモータースポーツに関することを多く扱うため、猛勉強したとのこと。 そういった前向きで、お客様のニーズに向かい合う姿勢が、WTPの創造に一歩ずつ紐づいていることは言うまでもありません。 「ユーザー視点で、誰にでもわかりやすく、かつ丁寧に」をモットーとして、日々いきいきと取り組んでいる松浦さん。 資料作りなどで、きれいに分かりやすく表現できたときに、とても充実感を感じるとのこと。充実感とともにあるあの笑顔が、容易に想像できてしまいます。

大変なことは?と聞くと 「急に熱が出て仕事を休まなければならなくなること」。 育児をしているから仕方ない、ではなく、どれだけ自分の仕事を全うできるかに真摯に向き合う姿勢がお客様に伝わっているからこそ、いざというときに周りからのサポートを得られるのですね。 そして、「大変なことと言えば、娘が食事中にスプーンを放り投げること!しかもとても楽しそうに・・」というかわいいエピソードも、笑。 お子さんの成長も著しく、これからがとても楽しみですね。

家事、育児、仕事の両立のポイントは、「手を抜くところは抜く。」として、明るく答えてくれましたが、洗濯は乾燥機付き洗濯機、掃除はルンバ、買い物はネットスーパーと、賢く家族との時間も大切にしていました。

子供の成長が嬉しい、と目をきらきらさせて話してくれる松浦さんが、きっと現場でも同じ目をして輝いてくれていることと思います。 「できる仕事を増やしていって、いずれは増員したい」と展望も語ってくれました。 松浦さんみたいにきらきらした後輩が育って、お客様から「松浦さんの“部隊”と働きたい」と言ってもらえる日が近いことを期待しています!

shine_matsuura_3「子育てをしながら働く」
もちろん、“育休の制度をもっている”ということや、“お休みをとってもらえる”といった環境面も大切なバックアップ。 そういったことで安心して働ける会社でありたいと思う気持ちと一緒に、そんな“ハンデとも言える状況を跳ねのける人財に成長する手助けをする”、ということ。 そんな成長する人財を力強く応援し続ける、ということが、ハンデなんて関係なく、もっと前向きに自信をもって働ける社員(Shine)を生み出すひとつのヒントなのだと、確信しています。

 

 

 

 

 

地元中学生に向けた職場見学会を行いました!

昨年に続き地元の中学校より、進路学習の一環とした職場見学のオファーを受け、中学1年生約40名を対象とした職場見学会を備前本店にて行いました。 

shine_syokuba1

備前本店を拠点としているデベロップメント部門、包装資材課、エンデベットテクノロジー部(ET部)の各部門の担当者が中心となり、仕事についての説明や本店内の工場見学を行い、なかでも今回から初参戦のET部は、特に中学生の心を惹きつけていました。
仕事についての説明のときには、メモを取る生徒が多いことに大変驚き、一生懸命な姿勢に感心するとともに、とても嬉しくやりがいを感じました。

shine_syokuba2また、本店内や各部門の説明をした後に少し時間があったので、「もう一度みたいところはあるかな?」と中学生達に尋ねてみると、「あの黒いの!黒いブニョブニョしたものが触りてぇ~!!」と、デベロップメント部門で基板の防湿処理に使用する材料が人気だったり、サンプルを触って、「うぉ~!スゲェ~!!」と、とても喜ぶ姿など、中学生らしい無邪気で可愛い一面も見ることができました。

 

 

今回の職場見学で、セリオに来てくれた中学生たちが、「セリオってすごいなぁ~!いい会社だなぁ~!」と思ってくれていたら嬉しいです。
今後もこのような活動を通じて、地域貢献にも繋がれば良いなと考えています。
また、私たちにとっても良い刺激となるため、このような機会を活かして成長に繋げていきたいと思います。

ETロボコン2014 中四国・東海大会に参戦!

<中四国大会編>

ETロボコン2014中四国地区大会に初出場しました。

昨年はオートモーティヴテクノロジー本部(AT本部)のメンバーが東海地区大会に出場していましたが、今年はビジネスソリューション本部(BS本部)、エンジニアリングソリューション本部(ES本部)もスキルアップを図るため参加することになりました。メンバーは岡山地区のBS本部、ES本部社員を中心に結成された約15名。「天佑自変」というチーム名で活動を開始しました。

 初参加ということもあり、4月中旬から活動を開始しましたが、何から手を付ければいいのか分からない状態でしたが、業後の時間を使って毎週打合せを行い、ロボコン事務局が開催する勉強会に参加するなど、少しずつ作業を進めてきました。
しかし、途中から業務都合や、メンバーの業務出張が増え参加人数が減ってしまい、中々作業が進まず大会出場が危ぶまれました。
そんな思いがけないハプニングや苦難もありましたが、メンバー以外のサポートもあり、なんとか大会に出場することは出来ました。

shine_2014robocon1
大会での目標は「ゴールまで完走する」ことでしたが、途中でコースアウトしてしまい達成はできませんでした。
残念な結果となりましたが、今回学んだノウハウを生かし、ゴールまで完走できるよう来年も頑張ります!!

 

 

<東海地区大会編>

AT本部では昨年に引き続き”デベロッパー部門”にエントリーしました。

今年の5月から本格的な活動を開始し、業務後や休日など利用して時に悩み、時に笑いながらロボコン活動に専念しました。
今年は新規メンバーの加入や客先の参加チームとの交流など新しい刺激が多く、大会の結果としても激戦区の東海で7位という好成績を残すことができました。

普段エンジニアとして仕事をしていても、実際に作ったものが目の前で動く様には新鮮な感動があります。
来年もロボコンを通じて技術力の強化と”ものづくり”の楽しさを学んでいきたいと思います。

shine_2014robokon4

岡山県チャレンジワークに取り組みました!

チャレンジワークとは。
【実際に社会へ出て働く前に、職業観や勤労観を育て、将来の生き方を考え、積極的に生活・学習することができるようにするための取り組み。】
簡単に説明すると、実際の仕事ってどんなもの?楽しいの?大変なの?どんなことをやっているの?という疑問を自ら体験して学ぶことです。

さて、そんなチャレンジワークに、普段は開発業務に携わっている私たち社員が、中学生たちの指導も含め取り組みました。shine_charenge1-1

3日間、地元中学校の2年生2名がセリオに”仮入社”をし、朝礼から掃除まで一通りの仕事を体験してもらいました。ES本部CAD開発室の業務についても体験学習を行いましたが、期間も短い為、さすがにPGは難しいということで、CADの操作を中心に体験してもらいました。
PCの操作に関してはまったく説明は不要で、そこは、さすが最近の中学生だなと感じさせられました。
(私がまだ中学生の時は、ダブルクリックって何?という感じです;汗)

shine_charenge2CADの操作に関しては、「3次元? Z軸? まだ2次元までしか習っていません!」など中学生らしい場面もありましたが、いろいろ興味をもちながら体験してもらうことが出来たのではないかと思います。
最終日は自分達で作ったモデリングデータから、3Dプリンタで実際にモノを作り、大変喜んでくれました。

3日間の短い期間でしたが、ものづくりの楽しさや難しさを体験してもらう事が出来たのではないでしょうか。

shine_charenge4

今回の取り組みを通じ、私たちも準備や当日の対応など色々と考え、工夫することで普段とは違う気づきが多々あり、良い経験になりました。

最後に・・・参加してくれた中学生のお二人から、心温まるお手紙を頂きましたので紹介させていただきます。

shine_charenge5shine_charenge6